動画編集の勉強方法

視聴者に喜んでもらえる動画を作るためには、動画編集をしておくことが大切です。不要なところはカットする、音声を加えるなどすることで、視聴者はよりわかりやすく、動画の内容を楽しんでもらいやすくなります。 いくつも動画を作っていれば動画編集方法がわかってきますが、これでは効率が悪いです。動画編集方法を勉強すれば、早く上達することでしょう。 勉強をするための学校に通う必要はなく、一人で学ぶことができます。では、どういったものを使って一人で学ぶことができるのでしょうか。 ●YouTubeの動画 YouTubeに動画を投稿している人の中には、動画編集方法を紹介している人がいます。 YouTubeなら無料で視聴できるので、教材費は必要ありません。また、スマホで視聴可能なので空いた時間に勉強することができます。 動画のよいところは、実際の作業方法を手順を追って確認できることです。文章の場合は、言葉の意味がわからなかったり、言葉で説明されてもイメージしにくかったりして、理解が難しい部分がでてくることがあります。一方動画の場合は、実際に作業をしている様子を見ることで、自分が実際に行った場合をイメージしやすくなります。 さまざまな人が動画編集方法に関する動画を投稿していて、人によってわかりやすさが違います。自分にとってわかりやすい動画を探してみてください。 ●オンライン講座 オンラインを使って動画編集を学べる講座があります。インターネットに接続が可能であれば、自宅に居ながら学習ができます。 オンライン講座によっては添削やサポートがあり、学習を手助けしてくれます。動画の場合は一方的に教えるだけですが、オンライン講座なら双方向のやり取りが可能です。 また、オンライン講座はレベルにあわせたコースが用意されていて、今のレベルにあわせて無理なく学ぶことができます。 講座受講期間や費用が違うので、どの程度の時間を使えるのか、どの程度なら支払い可能なのか考えて選びましょう。 ●書籍 動画編集に関する書籍は、書店やAmazonなどのネットショップで探し出すことができます。 書籍のよいところは、オンライン講座よりも費用が安いこと、自分のペースで学習できることです。図書館で借りるのではなく自分で購入をすれば書き込みができるので、借りるよりも購入することがおすすめです。 書籍の場合はわからないところがあっても質問できないので、疑問点は自分で調べて解決する必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です